免疫によるがんの
認識・排除

免疫は多くの複合的なメカニズムを介して異物を認識・排除していますが、がん免疫において主たる活躍を見せるのがT細胞です。がん細胞に対しては、まず様々な貪食細胞やNK細胞が初期応答を示しますが、樹状細胞やマクロファージはがん細胞を取り込んでT細胞に抗原提示します。これによりT細胞はがん抗原特異的に活性化し、がん細胞を認識・攻撃し、排除します。

樹状細胞やマクロファージは、腫瘍組織やリンパ節にてがん細胞を取り込んだ後、リンパ節内でナイーブT細胞に抗原提示して活性化させます。そして、活性化したT細胞は末梢血を通って腫瘍組織へと遊走し、がん抗原を有するがん細胞を攻撃します。

監修:慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授 河上 裕 氏

BMS HEALTHCARE
opdivo
opdivo
opdivo
yervoy
irae
irae
irae
immunooncology immunooncology

このサイトは、日本国内の医療関係者の方を対象にブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の医療用医薬品を適正にご使用いただくために作成したものです。